日焼けに対するベビーオイルの影響

日焼けは多くの男性と女性にとって人気のある娯楽です。多くの人が、肌の色が濃く見える方法を楽しんでいます。多くのタンナーは、ベビーオイルがより深い日焼けを与えることができることを知っていますが、この習慣は危険であり、さらには皮膚がんや早老のリスクを高めることさえあります。日焼け前のベビーオイルはまた、重度の水疱や日焼けにつながる可能性があります。

日焼けの紫外線は、健康に有害な影響を与える可能性があります。日焼けは、たとえ若い年齢であっても、皮膚がんを発症する危険にさらされます。米国癌学会(American Cancer Society)によると、人の皮膚が軽くなるほど、火傷や皮膚がんが発症するリスクが高くなります。通常の日焼けはまた、免疫系に損傷を与え、皮膚科学者の米国アカデミーによって文書化されているように、皮膚の早期老化を引き起こす。

1950年代には、日焼け前にベビーオイルを塗布することが人気でした。この行動は非常に危険であることがわかります。日焼けや日焼けベッドを使用する前にオイルを塗布すると、実際に皮膚の老化過程が加速し、やけどや太陽に関連する皮膚がんのリスクが高まります。石油の輝きは、太陽のマイナスの影響を拡大するために働いています。

ベビーオイルは肌に潤いを与え、多くの人に魅力的な滑らかで光沢のある外観を与えます。ベビーオイルは、皮膚の乾燥を防ぐのに不可欠です。タンナーはベビーオイルが日焼けの過程をスピードアップし、より短い時間でより深い日焼けを与えるという利点を考慮します。これについての真実は、日焼けの前に身体にオイルを塗布することによって、紫外線の吸収を増加させ、太陽のやけどや皮膚がんのリスクを増加させるということです。

日焼けは完全に安全ですが、日光浴をしたい人は、SPF 30以上の日焼け止めを常に着用してください。太陽の光線は午前10時から午後4時の間に最も強いので、日中に過ごす時間は、アメリカ癌学会(American Cancer Society)がその時間の前後に限定することが推奨されています。日焼けすることを選択した人は、異常な虫歯や皮膚がんの兆候がないか、皮膚科医によって定期的に点検されるべきです。

日焼けの前にベビーオイルを塗布する代わりに、日焼け止めを使用する方がいいです。誰かが皮膚に深い褐色の見た目をしたい場合は、ベビーオイルと日焼けを使用して皮膚がんや早期老化の危険にさらされるのではなく、日焼けしないタンナーを試してください。ベビーオイルは日焼け後にお肌に潤いを与えるために使用できますが、以前は使用しないでください。