保水はどのように関節に影響を与えますか?

保水は、医学用語「浮腫」によっても知られており、体内の体液不均衡である。水は私たちの細胞の活性成分です。体内にナトリウムが多すぎて血流に入ると、水は細胞を離れて血流に入ってナトリウムを希釈します。この余分な水は、組織や関節の中や周りに蓄積します。

体内の水分保持の最も一般的な原因はナトリウムの過剰ですが、他のものも水分を細胞から離す原因となります。血流中にニコチンやアルコールが多すぎると、不均衡が起こり、水が急に流れてこれらの化学物質が希釈されます。私たちの体液は、さまざまな食べ物や飲み物の摂取量に基づいて調整されます。感染症はまた、身体の特定の領域に水を集めることを促す。

私たちの体が不均衡になると、血流の余分な液体が関節に蓄積します。この余分な体液は筋肉や関節に圧力をかけ、痛みの原因となります。この痛みは問題があるという信号です。保水は、通常、足と足首から始まり、手、指、肘、首、背骨に移動することができます。

水分保持による関節痛の最善の治療法は、より多くの水を飲むことです。体内に十分な水分を持っていることで、必要な水分を細胞が保持できるようになり、不要な物質が体外に洗い流されます。もう一つのステップは、水分保持の主な原因である加工された高ナトリウム食品を避けることです。運動と健康的な食事は、私たちの体が平衡を維持し、効率的なレベルで動作し続けることを可能にします。