足首括弧はどのように足首を保護しますか?

アンクルブレースは、足首の周りに配置され、足首に固定され、リハビリを助け、怪我を防ぐための追加サポートを提供するデバイスです。足首の捻挫はスポーツの一般的な怪我であり、そのような足首の怪我の防止、および損傷した足首のリハビリは、運動選手にとって非常に重要である。テーピングは、弱い関節や重いストレス下の関節に安定性を与えるための一般的な習慣ですが、補強は、余分な安定性を必要とする人には、さらに高いレベルの安定性を提供します。

足首ブレースは、通常、足の中央から足の下のふくらはぎに伸びる足を置くことができる小さなスリーブからなる。中括弧は、安定性を提供するためにそれらを締めるために靴のような靴ひもを持っているだけでなく、ベルクロで締め付けられたナイロンストラップ。足首の括弧は、非剛性と半硬質の両方の形態があります。非剛性ブレースは、サポートを提供するために足首の周りにしっかりと縛られている柔軟な材料でのみ構成されています。セミリジッドブレースは、柔軟性のある材料だけでなく、プラスチックのような硬い材料を含み、傷害に対する特別な保護を提供するために副子の支柱として機能する。足首を織物、ストラップ、プラスチックで包囲することにより、足首関節が転がり過ぎ、過度に過度に伸びすぎて捻挫の可能性が減少する可能性が低くなります。

中括弧は足首を保護する重要な部分ですが、足首の怪我や足首の不調に応じて使用されることがよくあります。足首の怪我を避け、すでに負傷している足首を保護するためには、身体の筋肉や腱に自然に足首を支えることが重要です。規則的な足首の強化と運動訓練の範囲を行うことは、足首を適所にしっかりと留め、けがをする可能性を減らすのに役立ちます。ふくらはぎは、足首の強さを上げて怪我を防ぐ2つの良い方法です。