どのくらいの頻度でネブライザーを使用できますか?

噴霧器は、気道疾患の症状を治療するのに役立つ医療装置である。場合によっては、患者は定量吸入器を使用することができないか、または患者の病気が重度であるため、ネブライザーは1日数回使用するとより効果的な治療法となります。

ネブライザーを使用する患者は、通常、慢性閉塞性肺疾患、喘息または肺気腫などの慢性肺疾患を有する。これらの肺および肺系の疾患は、呼吸に問題を引き起こす。

ネブライザーで最も頻繁に使用される薬物は、アルブテロールおよび吸入コルチコステロイドのような気管支拡張剤である。アルブテロールは喘息発作時に気道を開くのに役立ち、コルチコステロイドは気道炎症をコントロールして患者がより簡単に呼吸できるようにします;医師は時々、患者の個々の状態および必要に応じて、腹腔内投与、アトロピンまたは喘息薬の併用を処方する。

医師は、喘息または他の肺疾患に対して、1日数回治療を処方する。これらの治療法は、患者の状態の重症度に応じて、1日2回、または1日4回の頻度で行うことができます;患者が重度の喘息発作を経験した場合、医師は彼女にネブライザを4回毎日、6時間ごとに5または10日間、喘息発作を制御下に置いて、制御下に置く。医師の目標は、喘鳴を止めて止めることです。そのため、彼は長期間にわたり複数のネブライザー治療を処方しています。喘鳴の症状に対応し、この症状が現れたときにのみ治療を行うことは、喘息の管理ではありません。これは良好に制御されていない状態に反応している;患者が気道を開いて非炎症状態に保つためには、患者が気道を経験していないときに、少なくとも1日2回、喘息発作日中にどのくらいの頻度で噴霧器治療を受けるべきかの最終決定は、彼の医師の判断に委ねられます。

慢性喘息が、花粉濃度が高い季節には—秋と春にかけて悪化することを防ぐために、医師は患者にネブライザー治療を通常の日数から1日あたり4つまで。患者が年を取ってトリガーや症状に慣れると、彼は日々の治療においてより積極的な役割を果たします。しかし、患者さんは緊急治療室から遠ざかるように治療を増やすよう命じることがありますが、肺が痙攣するのを防ぐため、アレルゲンレベルが高い場合は追加のネブライザー治療を受けることが重要です。このため、医師は治療法の増加を規定しています。

患者が健康状態を維持できるように症状を抑えるためには、医師の指示どおりに噴霧器を使用する習慣を身につけるべきです。彼女または彼女の両親は、彼女の喘息を抑える責任を負う必要があります。これは、気分が良くて症状がない場合でも、将来の攻撃を防ぐために症状コントロールを行う必要があることを意味します。