精子バンクで精子提供者になる方法

何千人もの不妊夫婦が、毎年精子バンクのサービスを必要とし、両親になるという夢を実現しています。若い健康な男性は、同時にお金を稼いでいる間に他人を助ける正当な方法として精子ドナーになることを検討したいかもしれません。男性の大学生は多くの精子バンクでかなりの数の精子ドナーを作ります。必要なカップルを助けるために精子提供者になることに興味がある場合は、この記事を読んで基本的な要件を確認してください。

基本的な基準は地域によって異なりますが、すべての精子バンクはすべての民族背景の男性を潜在的な精子提供者とみなします。しかし、いくつかの基本的な要件を満たす必要があります。

これらの基準には高さ要件が含まれることがあります。 (換言すれば、いくつかの精子提供者は、精子提供者に特定の高さまたは高さを要求する)。

多くの(しかしすべてではないが)多くの精子バンクの典型的な年齢要件は、精子ドナーが18歳から40歳のどこかになければならないということである。

問題の精液バンクの近くに住んでいれば役立ちますが、必ずしもすべての施設で必要なわけではありません。

精子ドナーとして、あなたはサービスのさまざまな面で異なる料金を支払われます。たとえば、あなたはあなた自身の寄付のために一定の手数料を支払われます。また、いくつかの精液銀行の場合、プログラムに同意された別の申請者を紹介すると、その紹介をするための手数料を受け取ることがあります。申請者の特定の要件に関する詳細は、お近くの精子バンクにお問い合わせください。

ほとんどの精子バンクでは、精子提供者が高校卒業証書を取得したことを証明する書類を提出する必要があります。 (教育の必要条件は、精液バンクから精液バンクに多少異なる場合があります。)

一部の精液銀行は、精子提供者が予め設定された時間(1年または2年など)のプログラムに参加することを約束していることを尋ねている。

精子提供者は、通常、精子バンクのスタッフに、自分自身や家族の詳細な遺伝情報を提供するよう求められている

すべての精子バンクは、精子提供者に重大な健康状態がないことを証明することを要求しています。具体的には、性器ヘルペス、性器疣贅、B型肝炎、C型肝炎、HIV、または梅毒に感染したことのある応募者を受け入れることはありません。