小脳卒中症状

脳卒中は脳のどの部分にも影響を及ぼす可能性があり、これらの領域への血流の中断により起こる。脳卒中は、動脈または血管の出血または破裂のために、遮断された動脈または血管または出血性傷害によって引き起こされる虚血として分類される。小脳の脳卒中は、バランスと動きを制御する脳の領域である小脳に影響を与えます。これらの脳卒中は、重篤で生命を脅かすため、直ちに神経学的注意を必要とする。

頭痛、めまい、悪心および嘔吐は多くの病気で起こるが、これらの症状の発症は小脳卒中患者において突然かつ重度である。めまいやめまい、めまい、吐き気、嘔吐などの症状を呈します。小脳卒中に関連する頭痛は、強く、持続的であり、衰弱させる。

小脳卒中患者には小脳が眼の動きを調整するため、目の症状がよく見られます。これらの症状は、典型的には片眼のみに作用し、めまいの原因となる。目に影響を及ぼす問題は、眼球(眼振)の急速/遅い動きまたは振戦、垂れたまぶた(眼瞼下垂)および狭窄した瞳孔を含む。

構内障害は、小脳卒中に起因する運動障害であり、口、顔および呼吸器系の筋肉を弱める。スピーチは、スロー、スロー、単調、そして荒いかもしれません。喉や食道の筋肉の不調和や弱化のために、うがいや嚥下や嚥下困難(嚥下障害)があることもあります。

運動失調は、歩行中のバランスと協調の喪失であり、小脳卒中の共通の症状である。運動失調を経験している患者は、酔っているかのように歩いており、足は大きく離れており、患者は片側にぐらついたり傾いたりする。小脳卒中中のアルコール使用は、小脳機能をさらに妨げ、症状の強さを増加させる。

小脳卒中の犠牲者は、通常は片方の腕でしか不器用さ、不一致、弱さを示す。手や腕が震えていると、カップを持ち上げて持ち上げるなどの作業を行うことができなくなります。脳卒中の主なテストでは、患者が、震え、衰弱、不調和のために一方が他方よりも劇的に低く保たれているかどうかを判断するために、両腕を上げることを伴う。

急性出血性小脳卒中の患者は、昏睡状態に陥ることがある。脳卒中または小脳組織のヘルニアによって引き起こされる小脳血腫(血栓)、水頭症(脳の流体)による脳幹圧迫は、昏睡の発症の原因である。この段階の小脳卒中患者のための回復は、死が可能なので、緊急の医療に依存する。