ハーブのたばこの健康リスク

ハーブタバコは、人々が喫煙を見せているテレビ番組や映画に使用されていますが、実際には俳優は実際に喫煙者ではありません。彼らは非常に現実的に見えますが、それはまったくのアイデアですが、本当に安全かどうか尋ねなければなりません。

ハーブタバコは、マシュマロ、イェルバサンタ、ダミアナ、情熱花、ジャスミン、高麗人参などの粉砕ハーブから作られたものです。クローブはまた、ハーブのたばこの人気成分です。ハーブ紙巻きタバコには、天然タバコ、すなわち添加物を含まないタバコも含まれています。これはシガレットをより安全にするためのものです。

利用可能なハーブタバコの種類は、通常のタバコと同じです。消費者は定期的なフレーバー、メントールのフレーバー、ろ過されたもの、またはろ過されていないものから選択することができる。同様に、葉巻とシガリロもあります。通常の無煙たばこのように、噛んだり漬けられた無煙のハーブタバコもあります。

喫煙、咀嚼または浸漬用に設計されたハーブ製品は、通常の対応品とまったく同じようにデザインされています。違いを伝える唯一の方法は、アロマによるものです。通常のタバコの匂いがするのではなく、ハーブの香りがあります。

リラクゼーション、落ち着き、不安の感情を生むハーブは、通常、ハーブのたばこのために選んだハーブであるため、喫煙者は時にはそのような感情を経験することがあります。さらに、「エクスタシー」ハーブ紙巻きタバコは、喫煙者に他の方法で薬を摂取するのと同じ感覚を与えることができる。エクスタシータバコの詳細については、「警告」を参照してください。

ハーブのたばこは健康上の危険であり、危険です。人々がまだ肺や血流に煙を吸っているという事実に加えて、使用されるハーブに副作用を起こすか、あるいはアレルギーを引き起こす人もいます。副作用は、皮膚の発疹ほど軽度であっても、アナフィラキシーショックと同じくらい重度であってもよい。