豚インフルエンザの原因病原体

豚インフルエンザは、インフルエンザウイルスH1N1によって引き起こされます。疾病防除センター(CDC)と世界保健機関(WHO)は、このウイルスをパンデミックと呼んでおり、世界中で感染の可能性があることを意味しています。

豚インフルエンザは当初、豚を大量に感染させたインフルエンザに由来すると考えられていたため、その名前が付けられましたが、H1N1インフルエンザには豚インフルエンザ、鳥インフルエンザ、ヒトインフルエンザが含まれていることが知られています。

鳥インフルエンザとは異なり、通常の季節性インフルエンザと同様、H1N1インフルエンザは人から人へ効率的に広がります。

豚インフルエンザは、季節性インフルエンザと同じ症状を引き起こします。これには、発熱や悪寒、咳、喉の痛み、うっ血、頭痛、体の痛み、疲労などがあります。しかし、H1N1は嘔吐や下痢などの症状を引き起こすことがあり、これらは季節性インフルエンザの症状よりも重症である可能性があります。

豚インフルエンザは、豚肉製品を食べることから来るものではなく、感染した人と接触した場合にのみ発症します。

H1N1ウイルスの感染を避ける最も推奨される方法は、ワクチン接種です。これは現在利用可能です。