c-flex plusを使用してremstarプロの圧力設定を調整する方法

睡眠時無呼吸症は最も一般的な睡眠障害の1つであり、1800万人以上のアメリカ人に影響を与えています。睡眠中、呼吸パターンは気道筋の弛緩によって妨げられる。これは、大きな呼吸困難、一時的な呼吸停止、頻繁な起床のエピソードを引き起こす。この問題の最も有効な治療法の1つは、睡眠中の加圧空気の一定供給を患者に提供するCPAP(持続陽性気道内圧)であり、それにより不快な症状を回避する。 REMStar Pro with C-Flex Plusは、最も進化した機械の1つで、空気圧を自動的に微調整して最も効果的で快適な治療を提供するように設計されています。臨床医の指示に基づいて、手動で圧力を調整することもできます。

REMStarマシンを電源に接続し、電源を入れます。ディスプレイが点灯していることを確認し、 “Therapy”、 “DR flex”、 “Info”、 “Set up”の4つの四角形が表示されていることを確認します。

臨床家のセットアップメニューに入ります。セットアップオプションが強調表示されるまで中央ダイヤルを回します。マシンの音が二度聞こえるまで中央のノブと矢印キーを押し続けます。これは約5秒後に発生します。

ダイヤルを回してメニューからもう一度設定を選択します。プログラムに入るには、中央のつまみを一度押します。

ダイヤルを回して「IPAP」をハイライト表示します。この設定は吸入圧力に関連します。これを変更するには、中央のつまみを一度押し、ダイアルを回して必要な値に調整し、もう一度中央のつまみを押して確定します。

もう一度ダイヤルを回して「EPAP」をハイライト表示します。この設定は、呼息圧に関係します。これを変更するには、中央のつまみを一度押し、ダイアルを回して必要な値に調整し、もう一度中央のつまみを押して確定します。

臨床家のメニューから「戻る」を選択し、メインメニューに戻り、最初のセットアップメニューから「終了」します。今すぐ使用できるようになりました。