脳腫瘍:最終段階

最終段階の脳がんは、患者と家族にとって予測不可能で圧倒的なものになります。準備の最終段階で何を期待するかを理解し、強力なサポート体制を維持することが重要です。

米国癌学会の統計によると、22,070人(男性12,010人、女性10,060人)が脳腫瘍と診断され、12,920人が死亡する。脳腫瘍に罹患している5人の患者のうち3人が男性である。脳腫瘍は、どの年齢でも出現する可能性がありますが、成人期早期または中期の症例が最も一般的です。

後期の身体症状は、腫瘍の位置およびそのサイズに依存する。彼らには、嘔吐、発作、二重視力、めまい、異常な脈拍、頭痛、歩行や発声や高血圧などの視力問題が含まれます。

患者の気分は変わり、彼はより容易に激しく動揺するかもしれません。彼はまた、撤回され、自殺する可能性があります。ステロイド剤を使用すると体重が増え、体調が変わることがあります。患者はますます撤退し、混乱し、肌は肌に触れて涼しくなります。

いくつかの脳腫瘍は、脳への損傷がほとんどまたはまったくない手術によって除去されることがあるが、最終段階はしばしば進行し、到達不能な腫瘍を伴うことがある。手術、放射線および化学療法などのいくつかの治療は、細胞増殖の除去または停止に焦点を当てている。しかし、これらの治療は、嘔吐や吐き気などの副作用がなく、また脳の機能に影響を与える可能性があります。医師は吐き気や嘔吐を抑えるために薬を提供することができますが、脳への影響を避けることはできません。

痛みの管理は、脳腫瘍の最終段階で起こる痛みやその他の症状をコントロールするために使用されます。脳腫瘍が骨にまで広がっていると、体全体に重度の痛みを引き起こすことがあり、投薬や代替方法によって痛みを定期的に管理する必要があります。使用可能な治療の中には、身体運動、マッサージ療法、鎮痛薬、ハーブ療法、鍼治療、痛みを軽減し症状を緩和する栄養学的変化、免疫系と器官の機能をサポートするものなどがあります。

この最終段階では、ホスピスケアまたはホームホスピスケアが脳腫瘍患者にとって最良の選択肢であるかどうかを判断することが重要です。脳腫瘍の最終段階から生じる変化は、家族や患者が対処するのが難しい場合があります。したがって、どのケアオプションが利用可能であり、患者のニーズに最も適しているかを伝え、決定することが重要です。