アルコールおよび直腸出血

アルコールを長期間使用すると、臓器や身体系が徐々に破壊されます。症状を引き起こすまで、体内の損傷はしばしば気付かれません。アルコールは直腸出血の原因となる状態を引き起こす可能性があります。アルコールの長期使用による直腸出血は、あなたの器官またはシステムの1つ以上に損傷の兆候です。

直腸出血は、下部結腸または直腸からの出血です。あなたは便器の中で血液を拭くか、便器の中で血液を吸うと、トイレットペーパーの血液が出ることがあります。そのような血液は、鮮やかな赤色から暗い栗色まで色が変化する。血液の色は、それが体内でどこから生じたかによって決まります。明るい赤血球は、しばしば、痔などの直腸を閉じる源からのものです。暗褐色または黒色の血液は、通常、内部器官のような体の深いところからです。直腸出血は多くの異なるものによって引き起こされる可能性があります。直腸出血の治療には、出血の根底にある原因を治療することが含まれる。

アルコールは直腸出血を直接引き起こさない。アルコールを長期間使用すると、直腸出血を引き起こす可能性のある損傷が生じる。アルコールは、がん、胃腸の問題、さらには肝臓の損傷を引き起こす可能性があります。直腸出血はこれらの病気のすべての症状である。あなたの飲酒を制限するか、アルコールを避けることで、直腸出血の原因となる病気の発症を防ぐことができます。直腸出血がある場合は、アルコール使用について医師に伝えてください。飲むことをやめることは直腸の出血を減らすのに役立ちます。

アルコール乱用は、結腸または直腸癌を発症するリスクを増加させます。直腸出血は、結腸または直腸癌の一般的な症状である。アルコールは刺激を引き起こして結腸と直腸を損傷する。結腸または直腸の病変と呼ばれる腫瘍または潰瘍が出血を引き起こす。出血はしばしば小さくなり、がんが治療されなくなるにつれて増加します。

アルコールは、下痢や潰瘍のような胃腸の問題を引き起こします。一定の下痢が結腸、直腸および腸を刺激する。一定の刺激は、あなたの臓器の出血性の傷や腫瘍を引き起こす可能性があります。アルコールはまた、あなたの胃や腸の内層を刺激します。内張りが壊れると、あなたの消化性の酸が器官に損傷を与えます。内臓が損なわれたときに胃や腸に潰瘍が発生します。潰瘍は内臓出血の原因となる臓器の炎症です。潰瘍や一定の刺激による出血は、直腸を経由して追放されます。

米国保健省のアルコールおよび薬物情報に関する全国清算機関によると、2百万人以上のアメリカ人がアルコール関連肝疾患に苦しんでいます。アルコールの長期使用は、肝炎または肝硬変を引き起こす可能性があります。肝炎は肝臓の炎症です。肝硬変は肝臓の不可逆的な瘢痕である。未治療のまま放置すると、両方の状態が出血または肝臓癌の傷跡を引き起こすことがあります。あなたの肝臓が損傷して出血した場合、直腸出血を経験する可能性があります。

予防と早期発見は、肝疾患や癌などの重篤な疾患を治療する上で重要です。あなたのアルコール使用について医師に教えてください。あなたの飲酒の習慣を知ることで、直腸出血を経験している理由を医師が明らかにすることができます。