高湿度の健康への悪影響

湿度は大気中に存在する水分の量であり、夏季には最も顕著であることが多い。高温多湿の組み合わせは、疲労、筋肉の痙攣、熱疲労、熱中症などの健康障害を引き起こす可能性があります。体の警告信号に注意を払うことが重要であり、極端な場合には、高湿度と熱を組み合わせて致命的となることを覚えておいてください。

熱と高湿は疲労の原因となります。これは通常、あなたの体が慣れていない気候の中で自分自身を過度に発揮した結果です。症状としては、精神的な明快さの欠如、目と手の協調の欠如、衰弱感、およびめまいの可能性がある。

筋肉の痙攣は、あなたが疲れてしまって身体的な仕事をするために身体を押し続けると起こります。あなたの体を水和させるのに十分な体液を飲まないことは、しばしば寄与する要因です。熱と湿度が高いと、より高い速度で液体を失うため、さらに複雑にならないように交換する必要があります。

汗で体液が多すぎて体温がやや上昇すると、疲労が起こります。湿度の高い状態では、汗が蒸発して体が冷えない。あなたは、病気、不合理な思考、極度の疲れ、多量の発汗、めまいの感覚を経験することがあります。過度の渇きこれらの症状は無視してはならない。彼らが起こり始めるならば、熱を抜けて、飲み水と電解質を含む飲料で失われた体液を補充することが重要です。

熱中症は体内の温度を制御できなくなった結果です。この時点では発汗が止まり、コアの温度は104度以上に上昇します。あなたは精神的な混乱を経験するか、完全にパスします。これは熱と湿度の非常に危険な健康影響であり、致命的となる可能性があります。助けを求めること、または誰かにあなたのために医学的な助けを求めることは非常に重要です。