高タンパク&低炭水化物ダイエット計画低血糖

血糖値の問題を抱えている人々の大部分は、高血糖または高血糖の問題に対処していますが、かなりの数の人が全く反対の問題、すなわち低血糖または低血糖で生きています。低血糖は、それほど注意を払わなくても、高血圧と同じくらい深刻な状態です。高血糖の場合と同様に、低血糖に対する最良の治療法は、規制された食事の遵守である。

血糖値が慢性的に低く保たれると、一般的な混乱、発汗、短気、頭痛など多くの有害反応を経験することがあります。低血糖の発症の主な根底にある理由としては、非効率的なグルコース代謝、インスリン産生の過剰、および血糖供給の一般的な欠如が挙げられる。幸いにも、これらの条件のすべては、オーダーメードの食生活に従って調節することができます。

低血糖食事のキーの1つは、あなたの体に栄養素を常に供給することです。したがって、食事をスキップすることは一般に「正常な」人にとっては悪いと考えられていますが、低血糖症の人にとってはさらに悪いことです。低血糖で食事をしている間は、マクロ栄養素の使用方法に関わらず、毎日少なくとも5〜6回の小さな食事を消費し、2〜3時間ごとに食事を取ってください。高タンパク、低炭水化物の食事は、代謝を高く保ちながら血糖を安定に保つことができ、満腹感の欠如や気分の変化などの他の食事のタイプの一般的な苦情の多くを軽減することができるので、低血糖の症状を緩和するために使用できます。低炭水化物、高蛋白食では、タンパク質からの総カロリーの30〜40%、炭水化物から20%、健康な脂肪からの残りを消費するよう努めなければなりません。