狂犬病にさらされてからどれくらいの期間、ヒトに予防接種を受けなければならないのですか?

狂犬病は、感染した動物の咬傷によって人に最も広まっているウイルスです。米国で最も頻繁に狂犬病に罹患している動物は、コウモリ、スカンク、コヨーテおよびアライグマである。開発途上国および第三国では、狂犬病に感染した咬傷は野良犬から生じる可能性が最も高い。ウイルスそのものはすべての哺乳動物で急性脳炎を引き起こし、治療を行わないとほとんどの場合致命的です。

第1に、狂犬病ワクチン接種は曝露前処置として定義されることに注意することが重要である。米国では2種類のワクチンが入手可能で、どちらもウイルスの不活性型または死亡型を使用して開発されています。どちらのタイプも同等に安全で効果的であると考えられています。ワクチンは、獣医師、海外旅行者、動物ハンドラー、および潜在的に狂犬病の動物に頻繁に接触させるなど、ウイルスの感染リスクが高いと考えられる人に最も一般的です。曝露前の予防接種は、腕の三角筋の一連の3〜5回のショットからなる。予防接種を受けた場合でも、狂犬病に曝された疑いがある場合は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

狂犬病ワクチン接種を受けた人々は、ウイルスに対して免疫されていません。彼らは依然として2回追加のワクチン接種を受ける必要があります.1回はウイルス接種直後で、3日後は2回目です。暴露前に予防接種を受けていない人は、疑わしい感染後できるだけ早く、免疫グロブリンの用量とワクチン接種の用量を受け取る必要があります。次いで、3,7,14および28日目にワクチン接種のその後の用量を投与する。また、曝露直後の狂犬病治療の重要な要素は、石鹸および水による傷の徹底的なクレンジング、または可能であれば殺ウイルス剤例えば、プロビデイン – ヨウ素の溶液である。

あなたが狂犬病に感染している疑いがある場合は、治療を躊躇しないでください。暴露後の治療は、医療緊急事態ではなく、医療緊急事態とみなされますが、医療行為を求める決定を遅らせるべきではありません。狂犬病ウイルスは、数日から1年以上の間、さまざまな潜伏期間がありますが、発熱、頭痛、混乱、不安、嚥下困難、部分麻痺などの症状の発症前に治療を受けることが不可欠です不眠症、過度の唾液分泌などがあります。症状が発現し始めると、生存している狂犬病の予後は非常にスリムです。