左腕の痛みの原因

右腕ではなく左腕の痛みは、心臓発作の典型的な徴候と考えられている。これが腕の痛みの原因である場合、痛みは放射状になったり、強い刺青感覚として認識されたり、筋肉痙攣のように感じることがあります。これは恐らく腕の痛みと関連する最も重篤な診断である。

麻痺や腕の痛みは時々脳卒中と関連している。脳は身体の痛みを解釈する責任があり、脳卒中を患った場合、脳の患部は体の一部が痛いと信じることができます。

首の中のディスク(または複数のもの)が整列していないと、腕に届く神経に圧力がかかり、麻痺や痛みを引き起こす可能性があります。ほとんどの場合、これは簡単なカイロプラクティックケアで治療できますが、問題が十分に深刻な場合は手術が必要になることがあります。

腕に炎症を起こす可能性があるいくつかの主要な神経があります。この炎症に関連する2つの状態は、テニス肘および手根管症候群である。痛みが必ずしも肘または手首にしか感じられないので、これらの状態は誤診されることがある。神経の大きさと機能のために、腕全体に感じることができます。

腕の痛みやうずきの原因はあまり知られていませんが、ストレスがあります。ストレスは、戦闘または飛行応答に関連する化学物質を放出する。心臓はこれらの化学物質に反応し、通常、物理的な行動をとる必要性に対応するためにより早くポンプを起動します。人がそのような身体的な行動を取らなければ、呼吸が増えず、同量の酸素が取り込まれなくても、心臓は必要以上に熱くなり、ポンプがいっぱいになります。左腕。