麻酔後の認知症

2003年6月号のClinical Anesthesiology誌の記事によると、高齢者の手術後に精神機能に問題があると認められている。それは現在、術後の認知機能不全である正式な名前を持っています。時にはPOCDと呼ばれます。それを予測し、そのリスクを減らす方法に関する知識は限られています。局所麻酔は全身麻酔と同じか悪い影響を及ぼすことがあります。それは他の認知症といくつかの類似点があります。それにはいくつかの違いがあります。

認知症は、脳の機能の慢性的な進行性低下である。最も明白な特徴は、短期記憶喪失である。認知症には、不適切な行動、判断の難しさ、学習とコミュニケーション、明確に考え、安全を保つことなどの他の認知機能の問題が伴う。それは多くの病状の結果であり、最も一般的なものはアルツハイマー病である。認知症の症状は、手術のような事象の後に突然起こるのではなく、しばしば時間とともに悪化する。

術後認知機能障害は、手術後数週間または数ヶ月続く認知機能の低下である。それがある人は病気や死亡のリスクが高いので重要です。病院退院時の術後認知機能不全の患者は、手術後最初の3ヶ月で平均死亡率よりも良好であり、退院後3ヶ月でPOCDを有する患者は、手術後1年で死亡する可能性が高い雑誌Anesthesiologyの1月号の記事によると、POCDはありませんでした。ほとんどの人は、単純な術後の認知機能障害から回復する。人は治療可能な状態によって引き起こされない限り、認知症から回復しません。

未診断の痴呆の初期段階にある人々は、すでに脳内で変化が起こっているため、術後の認知機能不全の発症により脆弱になる可能性があります。おそらく彼らは将来、認知症と診断されるであろう。外科手術を受けることのトラウマは、既存の認知低下を最前線にもたらすことができる。 2007年のAlzheimer’s Australiaのアップデートシートによると、痴呆の原因とはならない。 POCDの原因とそれをどのように最小限に抑えることができるかは、多くの関心事があります。

POCDを有する可能性がある人には、神経心理学的検査のグループが与えられる。さまざまな精神機能領域がテストされます。これらのテストには、単語学習、単語想起、認知の柔軟性、注意散漫性、記憶が含まれます。 POCDを認識することは、これらの患者を観察して、さらなる損傷を最小限に抑えることができることを意味する。

POCDの単一の原因、または麻酔および手術後の精神機能の変化はない。それは、麻酔または鎮静剤の残留効果、および手術の前後に使用される鎮痛剤に起因し得る。麻薬および鎮静薬は、高齢者に混乱をもたらす可能性があり、術後の認知機能障害が疑われる場合には、低用量で投与するか、または全く投与しないことが望ましい。換気は、脳の前頭前部に問題を引き起こす可能性があります。手術も代謝の変化を引き起こし、POCDにつながる可能性があります。