片側の脳卒中の麻痺のための運動

ほとんどの脳卒中生存者は何らかの形の障害を発症する。より深刻な問題には、麻痺、対象物を保持できない患者、立ったり歩くことができないこと、発声障害などがあります。しばしば、麻痺は身体の片側でのみ起こります。片側は脳の血栓の影響を受けやすいからです。しかし、生存者の多くは、治療やリハビリを通じて有意な改善を行うことができます。

改善と回復の機会を増やすためには、患者の状態が安定するとすぐに、通常脳卒中が発症してから24〜48時間以内にリハビリが始まることが重要です。初期段階では、ほとんどの患者が麻痺しているか、または重度に弱いので、独立運動を可能にすることを含む。患者は頻繁にベッドに横たわって姿勢を変え、筋肉や四肢を強化するのに役立つ受動的で活動的な運動範囲の運動に参加することが奨励されています。パッシブエクササイズは、理学療法士があなたの運動を繰り返し実行するのを支援するものであり、能動的エクササイズは、患者が独立して行うものである。患者は座ってベッドから椅子に移動し、立ったり、助けなく歩いたりすることができます。セラピストや看護師は、トイレに行ったり、ドレッシングや入浴をするなどの複雑な作業を患者に援助しながら、これらの困難な活動を実行しながら障害のある手足を使用するように促します。

いくつかの脳卒中リハビリセンターではCIMTを使用しています。この形態の治療は、障害のない肢を拘束して、患者に卒中障害の肢を使用させる。

病院を退院した後でも、理学療法士は、リハビリのための安全で助けの良い環境の作り方に関する必要な勧告を行うために、家の訪問を行います。セラピストは、しばしば、手持ち式のバー、タブ、シャワー、トイレ・アダプターの座席を必要とします。