メディカルが有効かどうかを確認する方法

1966年に始まったMedi-Calは、貧困者や障害者に医療、歯科、および視力ケアを提供するカリフォルニア州のメディケイドプログラムです。カリフォルニア州保健医療サービス(DHCS)によると、750万人以上のカリフォルニア人がMedi-Calに登録されていますが、一部の人はそのステータスが有効であることを認識していません。 Medi-Calアカウントが有効で、医師と病院の両方で受け入れられていることを確認することで、必要なときに医療を受けることができます。

あなたの地域福祉事務所の番号を探してください。 Medi-Calは州全体のプログラムですが、地方レベルで管理されています。郡の福祉事務所のリストは、DHCSのウェブサイトまたは地元の電話帳で保健医療サービスや社会サービスの下にあります。

地方の福祉事務所に電話し、あなたのケースワーカーと話すように依頼してください。受給者保険カード(BIC)にあなたのソーシャルセキュリティ番号とMedi-Cal識別番号をケースワーカーに提供してください。あなたのケースワーカーが誰か分かっていない場合は、あなたの地方福祉事務所がこの情報を見つけ、適切にコールを転送することができます。

あなたがまだ活動しており、Medi-Calを通じて医療を受けることができるかどうか、あなたのケースワーカーにお尋ねください。もはやアクティブでない場合、あなたのケースワーカーは新しい請求を提出するのを手伝うことができます。