ハングオーバーについて

アルコールをあまりにも多く消費したほとんどすべての人は、激しい頭痛と不必要なバスルームの訪問で翌朝起きた。二日酔いは非常に一般的であるため、実際にラテン語の医学名であるveisalgiaがあります。

酔っ払いは20世紀に有名になったり、ファッショナブルになったりするかもしれませんが、アルコールや精神がある限り、午前中は病気の人がいます。イヴァヤ書第5章11節では、二日酔いの影響の最も早期に記録された事例の1つが、イザヤ書第5章11節に記載されています。「朝早く起きて飲んだ後、夜遅くまでワインで炎症を起こすまで” 19世紀のフランスの新印象派のアーティストHenri de Toulouse-Lautrecによる有名な絵画は、実際には「The Hangover」と題されています。

二日酔いは、あまりにも多くのアルコールを消費することに反応する身体にすぎません。ある種の症状は、頭痛、悪心、不安などの二日酔いと最も密接に関連していますが、アルコール消費量や摂取するアルコールの種類によって、人によって異なることがあります。すべてのハングオーバーに共通の唯一の生理学的要素は、この期間中に苦しんでいる人の能力がかなり低下することである。

二日酔いは、めまいを含む目まいのある症状を引き起こす可能性があります。二日酔いの経験がある人は、二日酔いの夜に不眠症を経験し、潜在的にはもう一晩か二日後になるでしょう。二日酔いの他の兆候は、急速な心拍、音や光に対する感度の増加、手の不安、集中力の低下、過度の渇きなどです。

二日酔いの長さは、人の体重、実際に消費されたアルコールの量、飲酒の許容度などのさまざまな要因によって決まります。多くの人が知りたくないことは、一杯の飲み物がある人のために二日酔いを起こすのに十分であるということです。二日酔いの影響の平均的な長さは半日未満ですが、2日以上続いた酔いどれが報告されている人もいます。しかし、これは悪い二日酔いの極端な例と考えるべきです。

一杯の飲み物が二日酔いを起こすのに十分であることは事実であるが、これも極端な例と考えるべきである。ハンギングの科学に関する研究では、一般的に言えば、典型的な女性が二日酔いを経験するには3〜5の平均的なアルコール摂取があり、典型的な男性の場合は6回以上の飲酒が必要であると結論づけている。もちろん、二日酔いの可能性は、体重、許容度、消費されるアルコールの種類などの要因に大きく左右されていることを実感して数値を調整しなければなりません。

いろいろな “朝の後の”投薬は、事実の後に二日酔いを治そうとしたが、二日酔いの可能性を処理する最良の方法は予防である。アルコールは、胃の中に食べ物があるときに吸収が遅くなるので、飲む前に必ず食べてください。適度なペースで飲むことはまた、アルコールが身体に及ぼす影響を抑え、二日酔いを招くのに役立ちます。あなたが始めたドリンクにこだわって、一晩中一種類の酒を別のものに切り替えることは、二日酔いで目を覚ます確かな道です。

二日酔いを治すことに関連する最も永続的な神話の1つは、有名な言葉を生み出しました。「あなたに噛み付く犬の髪」この言葉は、より多くのアルコールを飲むことが二日酔いを治すのに役立つという考えに関連している。より多くのアルコールを飲むと、二日酔いの症状を緩和するように見える。なぜなら、アルコールのうつ病の影響は、症状が強く後退しているように人々を寛げる傾向があるからである。実際には、より多くのアルコールを飲むことは、あなたの苦しみに貢献している毒素を処分するのにかかる時間を延ばすことにのみ役立ちます。