スパイロメーターラボからの結果の計算方法

肺活量計は、呼吸器系に出入りする空気量の測定で、医師が呼吸器系疾患を検出し治療するのに役立ちます。肺活量計には、ボリュームインジケータまたは気流トランスデューサに取り付けられたマウスピースが含まれています。高度なモデルは、グラフィックスピログラムを生成します。スピログラムまたは肺活量計のラボデータを使用して、呼吸量、容量(2つ以上の量の合計)および速度を計算することができます。これらの計算の変動は、通常、呼吸器疾患を意味する。

3回の正常呼気の平均容積を見つけることによって、非呼吸(乾燥)肺活量計で、呼吸中の空気量の指標である1回換気量(TV)を計算する。スピログラム上で、小さな波の山と谷の間の距離を測定し、次にこれらの値の平均を見つける。教室では、ラボ環境での体温、圧力および彩度(BTPS)と条件の相違を修正する必要があるかどうかをラボインストラクターに尋ねます。

通常の呼気の呼気を超えて吐き出された空気の最大量である呼気予備容量(ERV)を、正常な呼気の後にマウスピース内に最大に吐き出させることにより、乾いた肺活量計で計算する。スピログラム上で、最低波のトラフと最も近い一回換気量波のトラフとの差を求め、BTPSを修正する。

被験者に最大量の空気を吸入させ、吸入され吸入される空気の最大容量(VC)を乾燥した肺活量計で計算し、できるだけ強制的にマウスピースに吸入させる。スピログラムでは、吸息予備容量(ステップ5参照)+呼吸量+呼吸予備容量(VC = TV + IRV + ERV)の合計を求めることによってVCを計算する。

生存能力に被験者の年齢層の係数を乗じて、残存容積(RV)、または最大呼気後の肺に残っている空気量(RV = VC×因子)を得る。

女性の容積と能力は、成人男性の平均容積より20〜25%低い。年齢、身体の大きさ、身体条件、特定の疾患、障害、怪我もまた呼吸量と能力に影響する。

一回換気量と呼吸予備容積の合計を求め、この値を肺活量(IRV = 1)から差し引くことによって、正常な呼吸の吸入を超えて吸入可能な吸入量(IRV)を乾燥した肺活量計で求める。 VC – (TV + ERV))。スピログラム上で、最も高い波の頂点と前の1回換気量波の頂点との間の距離を測定し、BTPSを補正し、次に生存能力を計算する(ステップ3に戻る)。

吸入容量(IC)を得るための一回換気量と吸息予備容量の和を求めます。これは、通常の呼気よりも高い量の吸気を可能にします。スピログラム上で、吸息ピーク値からの最大吸入ピークの直前に呼気トラフの値を減算し、BTPSを補正する(IC = TV + IRV)。

呼気予備容量+残存容量を加えて、機能的残存容量(FRC)を得る。これは、通常の呼気(FRC = ERV + RV)後に肺にどれだけの空気が残っているかの尺度である。

吸気量と呼吸予備量と1回換気量と残量(TLC = IRV + ERV + TV + RV)を加算して、総肺容量(TLC)または呼吸器系が保持する全空気量を求めます。

被験者が触発され、最大限に失効したときの強制呼気生命容量試験の最初の1秒間に失効した空気の量を測定する。これにより、強制的に肺活量を示す肺活量(FVC)が与えられます。

1回換気量に呼吸数、または1分当たりの呼吸回数を掛けて分呼吸量(MRV)を得る。これは、1分ごとに呼吸器系に出入りする空気の総量を表します(MRV = TV x呼吸数)。