カーディスパンの副作用

Cardispanは体重減少薬であり、メキシコで製造されています。米国連邦麻薬局(FDA)の承認を受けていません。 Cardispanの主成分はL-カルニチンである。支持者によると、自己投薬療法であるCardispanは、太ももや臀部を含む身体の脂肪の問題点を特定します。

Cardispanの制作についての情報はあまりありません。これは高価な高級物質です。 Cardispanの注射は痛みを伴うといわれており、標準的な投与量の規定はない。

Cardispanの副作用である下痢は、扁平化の原因となる脂肪分子の分解によって引き起こされます。

Cardispanは、特定の脂肪分子を特定することを目的としていますが、分子の分解が腹部に痙攣を引き起こすことがあります。

Cardispanユーザーは注射後数時間で吐き気を報告しています。空腹時に注射した後は特にそうです。

注射後の嘔吐もCardispanユーザーによって報告されています。

Cardispanは、代謝を操作する薬物として、心拍数を上昇させ、パニック発作を引き起こす可能性があります。