女性におけるアルツハイマーの初期症状

疾病管理センターによれば、アルツハイマー病は2007年に全米人の死因の第6位でした。この病気の症状を認識することで、この病気の女性の進行を遅らせ、治療を可能にすることで生活の質を向上させることができますオプション、カウンセリング、家族支援などがあります。

女性のアルツハイマー病の初期症状は、男性のものを反映し、忘却の言葉、会話および予定、老眼鏡のような一般的なアイテムの誤った配置、小切手帳などの財務処理の混乱を含みます。

女性のアルツハイマー病の初期症状は、家族、親しい友人または同僚に気付くことがあり、心理検査または脳画像検査を行う可能性のある医師が診断を行います。

女性は男性よりアルツハイマー病の症状を発症する可能性が高い。さらに、アルツハイマー病、高血圧またはコレステロール、管理されていない糖尿病、および低学歴の家族歴を有する者は、アルツハイマー病のリスクが高い。

アルツハイマー病の初期症状を有する女性は、総合的な財務判断が悪くなる可能性がある。彼らは高齢者のために祈る詐欺の影響を受けやすくなり、家族や他の介護者に金銭管理を引き継ぐ必要が生じる可能性があります。

アルツハイマー病の治療法はありませんが、医師はアリセプトやナンデンダなどの薬を処方して精神的な変化を緩和し、健康的な食事、精神的な運動、ビタミンEや銀杏のサプリメントなどのライフスタイルの変更も勧められます。

アルツハイマー病によれば、アルツハイマー病の初期症状は進行性であり、性格や気分の変化、さらには重度の身体的症状を引き起こす可能性があります。