ケースマネジメントの目標と目標

ケースマネージャーは、さまざまな問題を持つ人々を助ける専門家です。一般的に、ケースマネージャーはケアを調整し、必要なサービスを持つ人を見つけてつなぎます。ケースマネージャーの仕事は複雑で、さまざまなダイナミクスが関係します。したがって、プロセスを組織化するための明確な目標と目標が必要であり、ケースマネージャーがクライアントに最高のサービスを提供する方法を見つけるのに役立ちます。

ケース管理の目標は、堅実な評価と摂取に基づいているべきである。ケースマネージャーはまず、顧客が必要とするものを見つけるために顧客と接触する必要があります。評価は、顧客に何を変更したいのか、なぜ彼女がケースマネジメントサービスを望んでいるか、必要としているかについて話し合うことから成ります。アセスメントには、ケースマネジャーがクライアントの全体的な幸福を見て、彼女の生物心理社会的、社会文化的および財政的機能を考慮して尋ねる一連の質問が含まれます。

個々のクライアントの目標は大きく異なります。これは、症例管理を必要とする人々が、ホームレス、薬物中毒、育児問題、貧困などの複雑な問題を抱えることがあるためです。一部のクライアントは、フードスタンプを取得するなどの基本的な直接サービスで助けを求めようとしている場合がありますが、精神病などの問題についてはより集中的な支援が必要な場合もあります。ケースマネージャーと協力してクライアントが目標を作成することが重要です。このようにして、クライアントは自己擁護の意識を持ち、積極的にプロセスに関与しています。このコラボレーションは、クライアントの関心に仕事の焦点を維持します。

ケース・マネージャーは、最初の評価で収集した情報を使用して、個々のクライアントと作業するための目標と戦略を作成します。例えば、ケースマネージャーは、クライアントのために精神医学専門家と協力するなどの特定の介入を計画したり、困難な状況が発生した場合に危機管理のための戦略を策定したりする場合があります。クライアントはこのプロセスに参加することができますが、このプロセスに関与する必要がありますが、これは、ケースマネージャーが専門知識を使用してクライアントを最も効果的に支援する計画を立てる領域です。

適切なケース管理には組織が必要です。仕事を短期的および長期的な目標に組織することは役に立ちます。同様に、さまざまな種類の目標を見ることで、クライアントのニーズに最もよく対応できます。いくつかの目標は、住宅や職業訓練などの物流上の懸念と関連する場合がありますが、精神的または肉体的な健康の改善など、それほど具体的でないものもあります。継続的に追跡するためには、事例管理者がクライアントと協力して定期的に目標を再評価し、どの目標が達成されたか、改善が必要な箇所を追跡することも重要です。このようにして、クライアントを最適に処理できます。