どうすれば70%のイソプロピルアルコールを作ることができますか?

希釈液をつくると、ある液体の濃度が他の液体の添加と共に減少します。 70%のイソプロピルアルコールを生成するためには、70%を超える濃度のイソプロピルアルコールの溶液を、計算された量の水で希釈しなければならない。この計算の式はC1 V1 = C2 V2であり、ここで、C1およびV1は溶液の開始濃度および容量であり、C2およびV2は希釈の最終濃度および容量である。この例の目的のために、初期溶液は100%イソプロピルアルコールであり、70%イソプロピルアルコール500mLの最終容量を作り出す。

液体で作業する前に、保護用ゴーグルと手袋を着用する。

式中のC1変数である100%イソプロピルアルコールの初期濃度を特定する。変数C1 = 100。

C2とV2を得るための最終溶液の所望の濃度と容量を決定する。この場合、最終濃度C2は70%であり、最終容量V2は500mLであるので、C2 = 70およびV2 = 500である。

V2の未知変数について式C1 V1 = C2 V2を解く。既知の変数を代入する:100V1 = 70,500、V1 = 35000/100、V1 = 350。調製には100%アルコール350mLが必要であると判断される。

350mLの100%イソプロピルアルコールを500mLのメスシリンダーに加える。湾曲した液体の底面であるメニスカスを350 mLで目の高さで測定してください。

メスシリンダーに追加の150mLの水を加えて、目のレベルで再び測定した全量500mL。

残った溶液を70%イソプロピルアルコールと記された新しいビーカーに注ぎ、ガラス棒で攪拌する。