メタンガスは長期的に人間にどのような影響を与えますか?

様々な要因が、ガスと接触する人々に対するメタンの長期的影響に影響を与える。メタンガスとの接触は、しばしば人間に長期的なリスクをもたらすものではありませんが、メタンガスは多量に重大な被害や死に至ることがあります。メタンは大量に危険なので、空気中の呼吸可能な酸素レベルを枯渇させる。

一般に、メタンとの接触は、圧縮メタンガスまたは冷蔵メタンガスに触れない限り、重大な皮膚損傷を引き起こさない。この場合、メタンとの接触は燃焼を引き起こし、重症の場合は凍傷を引き起こす可能性があります。メタンによる皮膚損傷の症状には、重症の場合は水疱や壊疽、軽度の場合は一般的なかゆみが含まれます。

圧縮メタンガスまたは冷蔵メタンガスに暴露すると皮膚に損傷を与えることがあるように、そのようなガスが眼に暴露されると深刻な持続的な損傷を引き起こす可能性があります。具体的には、この種のガスと眼との接触は、目に寒い傷を生じさせる可能性があり、さらに重篤な場合には、失明をもたらす恒久的な傷害をもたらす可能性がある。

人間に対するメタンの最も深刻な影響は、酸素レベルを置き換えて枯渇させる窒息物質としての効果によるものです。メタンのレベルが呼吸可能な空気の14%に達すると、人間に危険が生じます。これにより、酸素レベルが18%以下で枯渇し、中枢神経系、脳および他の器官に永続的な不可逆的損傷を引き起こす可能性があります。このような損傷は、メタンレベルが増加し、酸素レベルが低下するにつれて悪化する。

メタン暴露による死亡は非常に重度の場合にのみ起こる。空気中のメタンの存在が増加した結果、酸素レベルが6%以下に低下すると、人間は呼吸崩壊および死亡の危険にさらされます。