認知症対アルツハイマー

認知症の最も一般的な形態であるアルツハイマー病は、短期間の記憶喪失から始まり、失見当識障害、混乱、言語の使用障害、息切れ、不足または調整、失禁、および脳が収縮するにつれて機能しなくなる進行性疾患である。クリーブランドクリニックではさまざまなタイプの認知症の概要を説明しています。

Creutzfeld-Jakob(狂牛病)は、感染性プリオン病であり、急速に進行し、貧しい記憶、行動変化、および調整の欠如をもたらし、最終的に死に至る。

レビー小体は、脳に発生して機能を崩壊させるタンパク質の塊であり、アルツハイマー病のような記憶、脳機能および身体能力の同様の障害をもたらすが、幻覚、振戦および剛性を含む症状は日常的に変動する可能性がある。

パーキンソン病の痴呆症は、多くの症状でアルツハイマー病を反映しますが、早期の意思決定の難しさと集中が困難です。パーキンソン病の痴呆には、振戦と不安定が伴う。

前頭側頭型痴呆は、アルツハイマー型痴呆よりも早期に発症する(45〜60)ことを特徴とし、記憶障害よりも性格、行動および言語理解の変化を伴う。

血管性認知症は、閉塞(脳卒中のような)または脳内の動脈の狭窄、適切な酸素供給の妨げ、脳損傷の原因に起因する。これは、関係する脳の部分に応じて、痴呆の様々な症状を引き起こす可能性がありますが、記憶喪失は通常それほど顕著ではありません。

成人で60歳以上に見られる正常圧水頭症は、脳室の脳脊髄液の量が増加し、記憶力、尿失禁、不安定な歩行を喪失させる圧力を引き起こす。