かゆみを止めるための風呂

痒い肌は一般的な苦情です。かゆみは一般的に乾いた肌によって引き起こされますが、アレルギー、刺激、および特定の皮膚の状態によっても引き起こされることがあります。アレルギーおよび特定の皮膚状態は、かゆみ感を引き起こす皮膚組織の炎症をもたらし得る。かゆみ肌のほとんどの症例は、家庭で治療浴で治療することができます。

コロイド状のオートミールバスは、かゆみを治療するために使用される最も一般的なタイプのバスです。コロイドオートミールは、粉状に粉砕されたオートミールです。これは、単にバスタブの底に沈むのではなく、オートミールが水と混合することを可能にする。コロイド状のオートミールを2~3カップ入れてお湯に入れる。水の中にもっと均等に分散するように、実行中の水にオートミールを加えるのが最善です。 15分の浸漬は、通常、かゆみを止めるのに十分です。

ベーキングソーダは、かゆみを止め、皮膚を優しく浄化する性質を持っています。お風呂の水の1インチあたり1つのベーキングソーダを加えることによって、ベーキングソーダ浴を準備することができます。ベーキングソーダの5カップは通常十分な風呂で十分です。 15〜20分間浸すことをお勧めします。ベーキングソーダバスは1日に3回もかかります。

コットンオイルは、特に高齢者では、かゆみを止めるために一般的に使用されるバスオイルです。綿実油1〜2杯を風呂水に加えます。綿実油はかゆみを止め、肌に潤いを与え、それ以上のかゆみを防ぐことができます。コットンオイルには高レベルのビタミンEが含まれています。このビタミンEは、皮膚の癒しを助け、さらなる損傷から保護します。このタイプのお風呂は、再発性かゆみを防ぐのに役立ちます。

トウモロコシは市販のベビーパウダーによく見られる。皮膚を乾燥させることなく余分な水分を吸収します。プロトコールは、4カップの温水にトウモロコシデンプ​​ン2カップを加え、ペーストを形成するまで混合し、次いでペーストを浴槽の水に加えることである。 30分間浸漬すると、かゆみの肌を和らげるという点で最も効果的です。コーンスターチは、脇の下、鼠径部、胸の下など、湿気の影響を受けやすい場所での痒みの再発を予防するのに特に効果的です。