死後の清掃方法

愛する人の死は、家族や友人にとって壊滅的な出来事です。家庭や職場で人が死亡した場合、その後のクリーンアップは、家族が実行するにはあまりにも外傷を負うことがあります。屋外の死の場面は消防署によって清掃されることがよくありますが、建物の中で誰かが死亡してしまった場合には、掃除の必要性が広がります。臭気、血液のこぼれ、組織の残留物を除去する必要があるかもしれません。痛みを伴う章の威厳ある閉鎖を可能にするために、恒久的な改善を確実なものにするための具体的な手順に従うべきである。

あなたの地方自治体の公衆衛生局に、あなたの州が死のシーンのクリーナーに危険物処理の認定を要求するかどうかを確認してください。必要なライセンスを取得します。すぐに清掃が必要で、あなたが認定されていない場合は、専門の洗剤を雇う。

あなたが初めての死の場面を掃除しているのであれば、最初に、または1回限りで助けを求めてください。視覚と匂いは肉体的にも感情的にも圧倒的であり、長期のメンタルヘルスは短期的な掃除責任と同じくらい重要です。

必要な材料を集める。これには、防護服と歯車、シャベルとスクラブブラシが含まれます。また、汚染された材料を焼却炉に輸送するための生物兵器の処分袋や車両が必要な場合があります。これらの材料には、家具、カーペット、乾式壁などがあります。あなたの輸送手段が大きな品物に適合できることを確認してください。

壊れたガラスを滅菌してから除去するなど、血液由来の病原菌の一般的予防措置に従ってください。

死亡浄化費用は、自動車または住宅所有者の保険によってカバーされることが多いため、保険会社に相談してください。

カーペットの下、床または壁面の損傷の程度を評価する。木製フローリング、リノリウム、さらには乾式壁では取り外しが必要な場合があります。汚染された床の除去を怠ると、継続的な臭いが発生する可能性があります。汚染された物質はバイオハザードのリスクであり、バグや動物を引き付ける可能性があります。湿ったまたは乾燥した血液または体液を含む除去された物質はすべて、赤いバイオハザードバッグまたは他の標識されたバイオハザード容器に入れなければならない。

作業が完了したら、清掃作業中に使用されたすべての機器、工具、および非使い捨ての保護具を消毒する。トラックベッドやその他の輸送面を滅菌することを忘れないでください。

すべての生物学的有害廃棄物が除去された後にのみ、臭気除去の手順を開始してください。 Foggers、ファン、エアームーバー、オゾンジェネレータは、利用可能なツールのいくつかです。

犯罪現場の清掃の後、聖職者、カウンセラーまたは精神保健専門家に相談してください。多くの場合、法執行官は、外傷後ストレスの支援を経験した部署の牧師または地域カウンセラーを推薦することができます。

死刑が犯罪であった場合、浄化費用は犯罪被害者の理事会の対象となる可能性があります。