イエロー5の食品着色の健康への影響

黄色5は、タルトラジンとしても知られ、食用着色に一般的に使用される合成黄色染料である。イエロー5は、ソーダ、綿菓子、マスタードなどの多くの食品に含まれています。イエロー5の使用は、食品だけに限定されません。石鹸、化粧品、ビタミンなどにも含まれています。イエロー5の使用は米国食品医薬品局(FDA)の承認を受けていますが、一部の欧州諸国では禁止されており、潜在的な健康問題に関連しています。

アレルギーは免疫系の非定型反応です。イエロー5に対するアレルギーがあれば、あなたの免疫システムはそれに反応します。反応は、胃痙攣、嘔吐、下痢、発疹、蕁麻疹、疲労感、病気、鼻水、くしゃみ、水分などの形で起こることがあります。イエロー5にアレルギーがあると思われる場合は、アレルギー検査を受けるか、それを含む製品を食べたり使用したりしないでください。治療のために、製品を避けたり、店頭または処方薬について医師に相談することができます。

黄色の食物着色は、甲状腺腫瘍の成長と関連しています。このタイプの増殖は、甲状腺ホルモンの過剰産生または過小生産によるものです。これらのホルモンは、あなたの首に位置する甲状腺で産生されます。これは、体重の問題、心臓の動悸、より高い血圧、下痢、甲状腺腫(頚部の腫大)の発症、痛みまたは重い期間を引き起こす可能性があるため、特に有害であり得る。甲状腺に問題があると思われる場合は、医師に相談してください。未治療のまま放置すると、死に至ることがあります。治療には、放射線療法、医学または外科手術が含まれる。

喘息は慢性呼吸器系疾患である。肺に通じる気道の組織が炎症を起こして収縮し、呼吸困難になります。イエロー5は子供の喘息に関連しています。喘息の症状には、咳(特に夜間)、息切れ、胸部圧迫または喘鳴が含まれる。あなたまたはあなたの子供に喘息があると思われる場合は、すぐに医師に診てもらうべきです。

イエロー5の食品着色のもう1つの潜在的な副作用は、注意欠陥障害(ADD)としても知られている多動性です。大人と子供の両方がADDを得ることができますが、子供の方でより一般的です。 ADDの子供は注意を払うことや集中することが難しい。彼らは指示に従うのに苦労し、簡単に退屈することができます。 ADDに罹患した子供は、学校の仕事を含む仕事にも不満を感じる。