重い頭と不安

重い頭は緊張の頭痛の一種です。米国人の90%は、人生のある時点で重い頭を患っています。多くの人々は、頭の周りに窮屈なバンドの感情としてそれを記述します。重度の頭部の軽度または孤立した症例は、非処方薬および健康な習慣では比較的管理が簡単です。しかし、重い頭部の重度または反復症例は、特に不安の症状に関連する場合には、心配の原因となる。

不安は頭の重い症状が繰り返される最も一般的な原因です。しかし、コンピュータの画面を一日中見ると、風邪、洞調律や飲酒が同様の症状を引き起こすことがあります。他の一般的な原因には、パニック発作、うつ病および片頭痛が含まれる。まれなケースでは、脳の異常は、頭の中で緊張感と重い感覚を引き起こす可能性があります。ストレス、遂行の圧力、就労の喪失、学校の変更、家族の死、外傷、虐待、激しい解散、中毒性物質からの離婚および離脱を含む、進行中の不安にはいくつかの要因が寄与することがあります。

重い頭は、頭の中に緊張感、緊張感または重さを特徴とする。根底にある状態を診断するために、他の症状があればそれを使用することができる。重い頭の一般的な原因である不安の症状には、発汗、吐き気、下痢、筋肉の緊張、めまい、不眠症、過敏性、落ち着き、胸の痛み、心臓の動悸、震え、

不安を治療しないまま放置すれば、頭が重くなるだけでなく、学校、仕事、社会活動、人間関係など日常の機能を悪化させたり妨げたりすることがあります。ワーストケースのシナリオでは、未治療の不安は、男性の勃起不全、血圧および血中脂質(脂肪)レベルの上昇、心臓発作、脳卒中および自己免疫疾患につながる可能性がある。

重い頭を治療する最善の方法は、根底にある状態を治療することです。主治医は、脳の異常や片頭痛を検査できる神経科医にあなたを紹介することができます。肉体的な病気がない場合、不安障害を専門とする精神科医または心理学者が、不安障害に苦しんでいるかどうかを判断できます。不安障害は薬物と治療で効果的に治療することができます。

不安の初期段階や人生の大きな変化の後に医療従事者の援助を求めることは、合併症の予防に役立ちます。これは、重度の頭痛および不安障害の発症につながる、外傷経験、ストレスまたは疲労の影響の治療における遅延である。リスク要因と不安の原因を理解することで、将来重い頭や不安を避けることができます。