潰瘍性大腸炎のための化学療法治療

潰瘍性大腸炎は、消化管の痛みを伴う状態でもあり、下痢や便秘のような症状を引き起こします。一部の患者は、化学療法による治療で寛解を得ている。

健康とウェルネスのウェブサイトLifeExtension.orgは、がん患者の化学療法治療として一般に使用されているメトトレキセートが、中等度から重度の潰瘍性大腸炎患者の治療に有効であると報告しています。

メルカプトプリンは化学療法薬としてよく使用されますが、潰瘍性大腸炎の治療に使用されるいくつかの薬物療法を妨げることがあります。

化学療法は、コルチコステロイドによる治療に応答しなかった潰瘍性大腸炎の患者に用いられる。

TheDoctorWillSeeYouNow.comによれば、潰瘍性大腸炎の治療に化学療法を使用することで、長期的にコルチコステロイドを使用する標準的なステロイド治療への依存を防ぐことによって患者に利益をもたらすことができます。

News-Medical.netによると、ミシガン大学ヘルスシステムの2005年の研究は、化学療法、すなわち「化学予防」が潰瘍性大腸炎に関連した大腸癌を予防するのに有効であることを示しました。